消費者金融カードローンの審査には在籍確認がありますがその方法のひとつに勤めている会社への電話確認があります。この時に申し込みをした自分が不在だった場合はどうなるのかを紹介したいと思います。

カードローンの審査の中で最終審査であるのが勤務先にかかる在籍確認電話です。

消費者金融会社では必ず行われるカードローン審査での在籍確認です。

在籍確認電話審査というのがとても不安な方が多いですが、色々なことを聞かれるわけではなく、怖いものでもありません。

 

消費者金融カードローンの知りたいことは勤務実態がちゃんとあるかどうかのみなので、会社の方と話がしたいわけではありません。

 

勤務先に電話をかけて本人がでれば少々の会話ですぐに終わりますし、本人がいない場合でも上司や同僚の方が「今○○は席をはずしています。」と言えばちゃんと会社に勤務しているということなのでそれでもう再度電話がかかることはありません。

 

ただし無職の方で嘘を記載して勤務先の電話審査を避けたいという場合には最初から申し込みを行うのはやめましょう。

 

たまたま審査に通過してもそういった嘘はすぐにばれますし、ばれたら最後すべての信用を失い、今後カードローンだけでなくクレジットカードや様々な金融機関などの利用はできなくなります。

 

会社が個人的な電話を受け付けない場合や個人情報を教えないという会社の場合は消費者金融に相談をして、電話による在籍確認ができない理由を説明しましょう。

 

ちゃんと理由がある場合には違う形での審査などをしてくれる会社もありますのでまずは問い合わせをしてみると安心です。